女性の気になる分け目をなくす方法

分け目 

 

女性はいつも「キレイでありたい!
そんな気持ちは持っていると思います。
特にヘアスタイルは絶対と言っていい程、キレイに見せる必要条件だからです。

 

10代、20代前半の頃はヘアスタイルというか、「髪」の事は何も気にしていない方が多いと思います。
20代後半や30代、40代となってくると「ヘアスタイルを決めたい!」と思うよりも、
「髪」の事をいたわる方が強くなってきます。

 

特に女性が髪の事で気になるのが、

 

「ぱっくり分け目」

 

がついてしまう事です。
このぱっくり分け目がついてしまうと、

 

  • 前髪が薄く見える
  • 老けて見えやすい
  • サイドに髪が溜まってしまい、重くなる
  • 前髪とサイドとの間も分け目が出来てしまう
  • カラーリングした際、プリン感がより見えてしまう

 

女性にとって、悲惨な状況になってしまう可能性があるのです。
対策したいにも、ほとんどの女性はこう思っているのではないでしょうか。

 

「対策するのは難しいからやる気が起きない・・・。」

 

でも、ぱっくり分け目は誰でも簡単になくす事ができるのです。
そこで、当サイトでは気になる”分け目”を簡単になくす方法をご紹介します。

 

 

部分ウィッグで分け目をかくす!

悩み解消 

 

誰でも簡単にぱっくりとした分け目をなくす方法は、

 

部分ウィッグを使う!

 

これで改善できます。
部分ウィッグであれば、すぐに分け目をなくす事ができるし、育毛剤や育毛シャンプーなど継続的に努力しなければならない事もありません。

 

 

分け目をなくしたい時に部分ウィッグを着ければいいだけ!

 

ウィッグにもフルウィッグやハーフウィッグ、部分ウィッグとありますが、
中でも部分ウィッグの方が安いのも魅力的です。
フルウィッグだと1万円はかるく超える物もあるのです。
部分ウィッグだと1,000〜3,000円程度で買えるものばかりなのでおすすめなのです。

 

これなら、老けて見えやすいヘアスタイルも改善できますし、重くならないようにウィッグでアレンジできちゃいます。前髪とサイドとの間だって、分け目をなくす事も出来るのです。
また、カラーリングした際に、正面から見ると髪の根元が見えやすく、プリン感がより見えてしまうのも防いでくれます。

 

部分ウィッグを使えば、それだけコンプレックスになってしまう分け目も、簡単になくす事ができてヘアスタイルも充実すると思います。

 

 

前髪の分け目だけをなくす方法

つむじに近い所の分け目をなくす以外にも、前髪の分け目が気になっている方も少なくありません。
毎朝、ヘアスタイルを作る時に必ず前髪は気合を入れると思います。
でも、クセが付いてしまっている人は、水で髪を塗らしても、ドライヤーでブローしても前髪がぱっくりと分け目が出来て全然ダメだと思います。
仕方なく、いつも通りの分け目になってしまうんですよね。

 

そんな前髪の悩みを抱えている方は少なくないと思います。
改善できない方は「クセだから仕方がない」と諦めている人がほとんどです。

 

そもそも、前髪に分け目ができてしまう原因は、

 

髪を自然乾燥で乾かす方

すぐにドライヤーで乾かさない方

 

すると、前髪の根元部分にクセが付いてしまうのです。
これを繰り返し行っていると、クセが強くなり、分け目が変えれない程になってしまうのです。

 

解決策は、お風呂後にすぐ髪をブローする事を毎日欠かさない事。
とは言っても、すぐに前髪の分け目を改善することは出来ません。

 

どうしても前髪の分け目をなくしたい方は、

 

前髪ウィッグ

 

をおすすめします。
前髪ウィッグであれば、クリップで留めるだけの簡単な着け外しが出来るので、前髪の分け目をすぐに改善することが可能です。

 

値段も比較的安いですし、ヘアスタイルのアレンジの幅も広がる、前髪を切らなくても良くなるなど、前髪ウィッグを着けるメリットは大きいと思います。

 

 

 

分け目が薄くなってしまう原因

分け目原因 

 

そもそも、分け目が気になりだしたのは、

 

分け目が薄くなった

 

そう感じた方が分け目が気になりだしたのではないでしょうか。
髪が薄くなれば、それだけ頭皮が見えてしまいますからね。

 

「分け目が薄くなった原因も年齢を重ねる事だから仕方がない。」

 

そう思っている方は間違いではないのですが、それ以外にも分け目が薄くなってしまった原因はあるのです。
原因とされる内容は人それぞれ違いますが、一般的に言われているのが、

 

 

ダイエット

食事制限などの栄養不足に繋がってしまうダイエット法は、十分に頭皮や髪に栄養が届かなくなってしまう事があるので影響を与えてしまうのです。

 

 

ストレス

ストレス社会と言う事もあり、避けては通れない状況になっています。ストレスが溜まると自律神経のバランスを崩し、頭皮の血行が悪くなってしまうのです。

 

 

睡眠不足

十分な睡眠が取れないと、髪の成長に影響がある女性ホルモンが減ってしまうため、髪が細く抜けやすくなってしまうのです。

 

 

スタイリング剤の使用

ヘアスタイルを決めるのに必要になるスタイリング剤ですが、髪を洗う際に残ってしまうと、毛穴が詰まってしまい、頭皮環境が悪化してしまう状況を招いてしまいます。

 

 

間違ったヘアケア

シャンプーやトリートメントなどに含まれている「界面活性剤」はヘアケアが不十分だと毛穴の詰まりを起こしやすくしてしまう事があります。それにより、抜け毛の原因に繋がってしまいます。

 

 

頭皮に負担のかかる髪形

ヘアスタイルによっては頭皮に負担がかかってしまうスタイルもあります。主に髪が引っ張られる状況があるヘアスタイルは頭皮に負担がかかってしまうので、髪にはあまり良くない環境を生んでしまうのです。

 

 

ピルの使用

ピルを一定期間使用した後、急に止めてしまうと女性ホルモンの分泌量が変わってしまう事が考えられます。すると、薄毛の原因や抜け毛の原因を作ってしまう可能性があるのです。

 

 

同じ分け目にしている方は要注意!

毎日ずっと同じ分け目にしている人の方が、毎回分け目を変えている人よりも分け目が目立って見えてしまう可能性が高いです。

 

 

なぜなら、その部分が物理的に負担がかかってしまうからです。

 

数日程度であれば問題はあまりないのですが、数ヶ月、数年と分け目を同じにしていると負担はどんどん溜まっていくのです。

 

特にヘアスタイルをポニーテールや三つ編み、エクステを付けていると、髪や頭皮に相当な負荷がかかっているのです。

 

すると、分け目部分が次第に薄くなってきて、地肌の露出が大きくなってしまうのです。

 

また、分け目部分にスタイリング剤、スプレー類などを使っている人も毛穴に汚れが詰まりやすく、頭皮にダメージを与えてしまい、結果的に髪の分け目部分から次第に薄くなる事があるのです。

 

出来る事なら、分け目をこまめに変えてヘアスタイルを作る事が大切です。
「クセができちゃって思うように決まらない。」
となってしまう方もいるでしょうが、そんな方は部分ウィッグなどを使ってヘアスタイルをアレンジすれば対策できますよ。

 

 

 

分け目をなくすおすすめのウィッグ通販はコチラ!