30代の髪質

よく”30代になれば髪質が変化してくる”などと言っていますよね。確かに10代や20代の髪質と比べると少なからず何かしらの変化をもたらしています。10代や20代の頃は髪にもハリやコシがあり、天使の輪ができている人も少なくありませんでした。

 

 

特に20代の髪は成長のピークと言われているくらいですから、それ以降は徐々に徐々に髪質が変化していくものだと考えられるのです。
なので、平均として30代からは髪質が変化していくものだと推測されるのです。

 

 

 

30代の髪質の変化

30代の髪質

  • 抜け毛も増えた
  • 髪がパサパサしてきた
  • 髪のツヤ感が無くなってきた
  • 直毛だったのにクセがでてきた
  • 髪が細くなった

 

30代の髪質はこのような感じになるのではないでしょうか。
それくらい10代、20代の頃よりも髪の変化が体感的にわかるようになるのです。

 

 

 

40代の髪質

40代の髪質

ほとんど30代の髪質と変わらないのですが、

  • ハリやコシが無くなった
  • ツヤツヤした髪質ではなくなった
  • 髪が細くなってしまった
  • 髪が縮れ毛(チリチリ)になってしまった
  • 髪がうねってしまった

 

などと40代の髪質はあまり良いとも思わない結果となっています。

 

30代〜40代ぐらいになると髪を生成する毛乳頭や毛母細胞が変化してくると言われています。30代の髪質でも言ったように、年齢を重ねると髪を生成する力が弱まってしまい、髪の毛の栄養を送られて生成される毛乳頭が小さくなってくる傾向があるのです。毛乳頭はみなさんもご存知かと思われますが、髪の毛の根元部分です。

 

野菜を育てるのと同じで、根元からの栄養が悪ければ全体が悪くなってしまうように、髪の毛も根元からの栄養が悪くなればツヤ感やハリ、コシがない髪の毛になってしまうのです。

 

だから、40代の髪質は毛乳頭や毛母細胞の変化(減少傾向)により、その影響によって髪が細くなったり、ハリやコシがなくなった症状が見受けられる事が多いのです。

 

 

30代、40代の髪の悩み

30代、40代の悩み

先程も”30代や40代での髪質”で言ったとおり、変化してしまった髪質が悩みだと言う事が多いです。

 

  • 抜け毛をどうにかしたい
  • 髪のパサつき感を改善したい
  • 髪にツヤ感を与えたい
  • 髪を太くしたい
  • ハリやコシを出したい
  • 髪の縮れ毛をストレートにしたい
  • 髪のうねりをどうにかしたい

 

30代、40代にもなれば髪の悩みが多くなってくる歳になってきます。女性にとって髪は命と言うくらい大切な部分なのです。

 

では、なぜ30代や40代になると髪の質感が変化してしまうのでしょうか?その原因を探っていきたいと思います。

 

 

髪質が変化してしまう原因とは

髪質が変化する原因とは?

髪質が変化してしまう原因は2つの原因によって分けることができます。

 

”内部的要因”と”外部的要因”です。

 

では、それぞれどのような原因があるのかをご紹介します。

 

 

内部的要因

 

  • 加齢の要因
  • 栄養不足の要因
  • ホルモンバランスによる要因
  • ストレスによる要因

 

 

歳を重ねると、髪を生成する力が縮小傾向にある為、髪に栄養をいきにくくなってしまうのです。その為、毛先が細くなってしまったりツヤ感やハリが無くなってしまうことがあるのです。通常であれば、髪も健康そものもで毛先までしっかりと均一の太さでツヤ感もハリもあるのですが、栄養不足によって毛先まで栄養が行き届かないので毛先はますます痩せ細るのです。強度もあまりないのですぐはねてしまったり、パサついてしまう。更にはちぎれてしまう事だって起こるのです。

 

また、毛穴に皮脂や汚れが溜まっている際にも髪に栄養がいかないので、毛先が細くなってしまう事も挙げられます。なので、髪の栄養すなわち頭皮の血行が良くないとそう言った毛先が細い事や枝毛などの症状が出てくるのです。

 

ホルモンバランスによる要因については、特に女性に多く見受けられるのですが、女性は妊娠から出産、産後にかけてホルモンのバランスが著しく変化していきます。それに、赤ちゃんにたくさんの栄養を分け与えるのですから、母体の髪の毛にまで十分な栄養を行き届けれないのも原因です。

 

ストレスでも溜め込むとあまり良くありません。ストレスが原因で体調を崩してしまう事もあるかと思いますが、髪にも影響が現れます。ストレスが多くなる事で髪質が変化して急激に抜け毛や薄毛、脱毛症などが増えたりなんて事も考えられるのです。

 

 

外部的要因

 

  • カラーリングなどによる髪ダメージ
  • 紫外線によるダメージ
  • 乾燥による髪ダメージ
  • 髪を結んでいる
  • 逆毛を立ててのヘアスタイル
  • 熱い温度でのシャワー

 

 

内部的要因では体の内部から髪質の変化をもたらしてしまうのですが、外部的要因は外部からの影響によって髪質が変化してしまう事があるのです。

 

特に女性は美容室などでカラーリングやパーマをやってもらう事が多いかと思います。もちろんファッションだったり、見た目をキレイに見せたりする為ですよね。でもその反面、髪には相当なダメージを与えてしまっているんですよね・・・。髪に優しい成分を配合しているから大丈夫!って言う美容室もあるのですが、何もしないよりは少なからずダメージは付き物です。

 

 

また、地球温暖化が進む中、異常に出てきているのが太陽からの”紫外線”ですよね。現在ではまだ詳しく解明されていない部分もあるのですが、乾燥や強度の低下、色素や光沢の消失などの影響を受けてしまうと言われています。

 

特に夏場、プールや海水浴に行かれる方だと注意してほしいのですが、髪が濡れたまま紫外線を浴びてしまうと”システイン酸”の生成が加速され、更に髪にダメージが増えてしまうのです。

 

次にヘアスタイルや生活環境についてです。

 

いつも髪を結んでいる方や逆毛を立ててヘアスタイルをつくっている方は髪のダメージが出やすくなります。また乾燥しやすい空間にいるのも原因の一つです。乾燥は肌だけではなく、髪にもあまり良くないのです。

 

また、お風呂場でよく髪のマッサージなどもいる方がいますが、逆効果になってしまう事もしばしば。マッサージ自体は良い事なのですが、熱いシャワーを髪に当てると少なからずダメージが蓄積されてしまうので要注意です!

 

 

 

30代、40代の髪をケアする方法

髪をケアする方法

簡単に言えばざっとこのような内容になります。

 

  • 頭皮環境を整える
  • ブラッシング技術
  • マッサージ技術
  • 炭酸水の使用
  • シャンプー・リンスの見直し
  • 食事の改善

 

ただ、髪をケアするにも長期的な継続が必要になってきます。

 

最初は「よしっ!頑張ろう!」とかやる気を出していても、いつのまにか「今日は何だかやる気が起こらないな・・・。」、「また明日頑張ろう!」などと思う時だってあります。それが続いてしまうと結局は髪のケアをやらなくなってしまう事があるのです。

 

そんな事態を回避させるおすすめのアイテムがあるので少しご紹介します。

 

30代、40代の髪の悩みを解消してくれるアイテムが

 

ウィッグ

 

なのです。
ウィッグを着ける事で髪の悩みを一時的ですが解消してくれるのです。外出先ではウィッグをして髪の悩みなんて気にしない!一方で、自宅では髪のケアを施して髪の悩みを早く解消させる。

 

このようなやり方があるのです。ウィッグにも色々と種類がありますので当サイトおすすめのウィッグ専門通販ショップをご紹介しておきます。参考までにアクセスしてみてください。

 

 

 

当サイトおすすめのウィッグ通販ショップ